ほっかブログ

2011年03月の記事

岡崎市公共施設敷地内全面禁煙へ

4月1日から公共施設敷地内全面禁煙になります。岡崎公園等、都市公園は灰皿を大幅に減らして、敷地内禁煙を推進していきます。健康増進方施行以来、受動喫煙等の問題も議論になっていましたので、全面禁煙も致し方ないものと思います。
 一方、1箱410円のたばこに対して、300円弱の税金、その内の約100円が岡崎市に税金として入ります。年間で、約16億円が岡崎市の財源になります。喫煙者は、その事も勘案して頂き完全分煙が出来る場所の確保もして頂きたいと思っているのも事実です。
喫煙・分煙マナーが誰でも守れるような施策も必要では?と考えます。

岡崎たばこ販売協同組合の方たちが喫煙場所の確保を求める要望書を武田副市長に提出